毛穴の広がりは肌のSOS!ケアで肌質改善|潤いを保つ肌に

Lady

医薬部外品の商品

化粧品と医薬部外品

woman

市販されている化粧品には、普通の化粧品と医薬部外品があります。普通の化粧品は化粧品メーカーから販売されていて、医薬部外品は医薬品メーカーから出ている事が多いですが、配合成分に関してはあまり違いがないことが多いです。 ただ、化粧品は効果や効能が記載できないのに対し、医薬部外品は「メラニンの生成を抑えてシミを予防する」「ニキビ肌が改善される」などの効果を記載することが許されています。ただし、「〜が治る」という記載はしてはいけない事になっています。 薬用化粧品も医薬部外品の一種で、肌に有効な成分が配合されています。ニキビなどは薬用化粧品を使用したほうが人によっては効果があります。薬用化粧品は化粧品売り場でも簡単に買うことができます。

成分表記をチェックすること

薬用化粧品というと、「薬用」という言葉がついていることから、「何となく肌に良さそう」「普通の化粧品より効き目がありそう」というイメージを持つ人も多いかと思います。しかし、薬用化粧品だから安心というわけではなく、薬用化粧品であっても香料や防腐剤や酸化防止剤などの肌に刺激が強い成分が含まれている物もあります。 化粧品や薬用化粧品は全成分を表記することが厚生労働省によって義務付けられています。薬用化粧品を買う場合は、普通の化粧品を買うときと同じように成分表記をしっかり確認することが大切です。万が一使用して症状が悪化したり肌にあわなかった場合は使用を中止して、皮膚科で医師に診てもらうことをお勧めします。